微熱でもタミフル服用!ンフルエンザと風邪との違いは

冬はインフルエンザが流行る季節ですが、インフルエンザは症状が風邪と似ているために風邪との違いが良く分からないという人も多いです。
微熱があり風邪っぽいが、そんな時にはタミフルを処方してもらって服用すべきなのか、という時に役立つインフルエンザの風邪との違いについて簡単に紹介します。
まず、風邪の場合は微熱や喉の痛み、くしゃみといった症状が現れ、いきなり高熱の症状が現れるという事は少ないです。
それに対してインフルエンザの場合は人にもよりますが、1日から3日程度の潜伏期間があった後に38度以上の急な高熱と倦怠感などの全身に現れる症状が同時に起こる場合が多いです。
インフルエンザでも風邪とよく似た喉の痛みなどの症状がある場合もありますが、急な発熱と全身症状が現れるのが特徴であると言えます。
インフルエンザが蔓延している時期にそうした症状が現れた場合は、インフルエンザの可能性も疑った方が良いです。
一方、微熱程度であれば普通の風邪である可能性も高いです。
いずれにしてもしばらく安静にしていれば自然に治る事が多いですが、症状が重い場合には病院に行って医師に診てもらった方が良いという点では共通しています。
ただ、インフルエンザの場合は最初は風邪と思っていたが治らないから病院で診てもらってタミフルを処方してもらおうとしても、発熱してから48時間以上経過している場合はタミフルの効果が期待できないので、早目に病院で診てもらった方が良いです。
タミフルはウイルスをやっつけて治療する事が出来るという薬ではなく、ウイルスの増殖を抑える事で症状を緩和する事が出来ます。
そのために服用するのが早ければ早い程、増殖を抑えて効果があり、逆に遅いと効果がほとんど無いのです。