インフルエンザとエボラの症状とタミフルや予防グッズ

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染する事で引き起こされる病気です。日本では空気の乾燥した冬に流行する事が多く、抵抗力の低い子供や老人は症状が重症化しないように注意が必要です。インフルエンザには毎年流行する季節型と、全く新しい新型のウイルスが存在します。

インフルエンザの症状は2014年の西アフリカで流行したエボラの症状とよく似ており、特に初期症状の急な発熱、頭痛や筋肉痛が共通しています。エボラ出血熱は進行すると全身から出血の症状が現れる致死率の高い感染症で、インフルエンザと同時に流行してしまうと初期症状が混同され感染が拡大するおそれがあると言われています。

インフルエンザは感染しないようにするのが大切で、そのための予防グッズが数多く販売されています。予防グッズとして一般的なマスクは、安価なものだとウイルスや細菌を防ぎきれないので注意して下さい。また、うがいや手洗いは基本的な予防方法です。手に擦り込むだけで感染予防になる除菌ジェルは、手を濡らすことなく手軽に使用できます。

効果的な予防グッズはたくさんありますが、もしインフルエンザに感染してしまった場合は、早めに治療薬を使う事で症状を抑えられます。治療薬のタミフルは体内でのウイルス増殖を抑制する抗ウイルス薬で、症状が悪化するのを防ぎ、症状が出ている期間を短くしてくれます。そのためタミフルはウイルスが増殖する前に使用しなければならず、症状が出てから48時間以内に服用する必要があります。
タミフルは予防薬としても効果的ですが、予防として使う場合は保険が適用されず全額自己負担となります。また、副作用の危険性などを理解し、医師の承諾を得てから安全に使用して下さい。